【独占ライブレポート】虹のコンキスタドール2年ぶりの大阪ツアーに「待っててくれておおきにー!」

虹のコンキスタドールが、7月31日(土)に心斎橋BIGCATにてRAINBOW SUMMER SHOWER TOUR2021を開催。

去年、情勢によりツアーが中止になったことから待ち望んだ2年ぶりの大阪でのワンマンライブ。大阪の蒸し暑い空気に、虹コンの爽やかな夏曲が会場に駆け巡った。

開演すぐから、超エネルギッシュなノンストップメドレーで会場は熱狂に包まれた。

今回は関西出身のメンバー・岡田彩夢の凱旋ライブでもあり、「大阪のライブはいっつも暑い気がします。汗の量がやばいです!この会場にずっと来てみたくて、ステージに立てて嬉しいです。デカ猫ちゃん~!」と地元でのライブに嬉しさを噛み締めた。中には「BIGCATにはお客さんとして来たことがあるんです!こうやってステージ側に立てて幸せです!」と話すメンバーも。

皆さんと出会えたことで嬉しいな、幸せだな思うんです。もっとたくさんの人に出会うために、東京だけでなく全国に、そして関西でも活躍できるようにこれからも頑張っていくのでシクヨロレボリューションやでぇ~~!」と大阪弁で会場を盛り上げた。

《美味いものファンクラブ》では「アメ村のたこ焼き~」「あめちゃん食べる?」など大阪ならではの歌詞を盛り込み、客席だけではなくステージ上のメンバーも爆笑の渦に包まれた。

去年はツアーができなくなってしまって悔しい思いをした分、これからの虹コンの活動で幸せを回収して、また大阪に戻ってこれるように頑張ります!また会える日まで、みんな健康に、これからも虹コンを見ててください!」と、大阪のファンとの再会を誓った。

アンコールでは「2年間待っててくれて、おおきにー!」とファンに感謝を叫び、《響け!ファンファーレ》で約2時間のライブをしめた。

ツアー後は新メンバーが加入し、新たな体制となる虹コン。
更にパワーアップした姿で大阪に戻ってくる日が待ち遠しい。

(dot yell webより転載)

虹のコンキスタドール公式Twitter
虹のコンキスタドール公式サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる