ガールズバンド「きみとバンド」 8月20日Zepp ライブ用新曲「あの場所へ」を無料公開人気曲「rosemary」ミュージックビデオや再レコーディング曲も

8月20日(土)Zepp Hanedaで初の1,000人以上のキャパのワンマンライブに挑戦するガールズバンド「きみとバンド」が、7月23日(土)から30日(土)までの8日間、新曲や再レコーディング曲などを無料公開した。

今回、公開した曲はZepp Hanedaに向けた新曲「あの場所へ」や今年1月に加入した新ボーカル森田理紗子を加えた新体制で再レコーディング曲、ファンに人気が高い「rosemary」のミュージックビデオ。
当初、ミュージックビデオ以外はCDやサブスクリプションでの公開予定だったが、Zepp Hanedaに向けて少しでも早くきみ(ファンの名称)に新曲を届けたいとメンバーの希望からきみとバンド公式YouTubeで無料公開することになったという。

新曲「あの場所へ」はきみとバンド史上最もロックな曲で、初めてメンバー全員できみとバンドとして作詞した。
リーダーの大野真依は「新曲「あの場所へ」はZepp Hanedaに向けたバンドの気持ちを形にしたもの、沢山の人に聞いてほしい」と述べた。

Zepp Hanedaのチケットは現在、先行チケット(http://photoevent.shop)及びチケットぴあで販売中。

「きみとZepp」開催概要


開催日:2022年8月20日(土)17時30分開場/18時30分開演
開催場所 :Zepp Haneda(住所:〒144-0041 東京都大田区羽田空港1丁目1−4)
チケット販売:チケットぴあ・イベント会場等
主催 :株式会社telme
制作:株式会社ジズー

きみとバンド プロフィール

愛媛出身の大野真依(写真中央)、清原梨央(写真右)、福井県出身の森田理紗子(写真左)の3人からなる本格派スリーピースガールズバンド。2020年8月、現メンバーの大野真依、清原梨央、初期メンバーである大野ひまりの3人でデビュー。
コロナ禍でデビューは4度延期になるが5度目にようやくデビューし(東京下北沢ガーデン/ 500枚即日完売) そのまま7都市をワンマンデビューツアーで周った。

地元愛媛で行われたツアーファイナルでは47都市全県ワンマンツアーを発表し、コロナ禍の中、エンタメ界やライブハウス に勇気や希望を与えるべく、フェイスシールドや医療用手袋を無料配布するなど万全の感染予防対策を施しながらバンドワゴン(ハイエース)で全国を駆け巡り、2021年7月感染者ゼロで無事完走した。

2022年1月をもって大野ひまりが卒業し、本格派シンガーソングライターの森田理紗子が新メンバーとして加入。
2022年3月新体制お披露目ツアーをスタート。2022年5月までに全国7ヶ所で行われた。
さらに音楽性をパワーアップさせガールズバンドの頂点を目指す。
全てはバンドのために。というキャッチコピーをメンバー間で共有し、個々の活動にも力を入れている。個人がそれぞれの活動スタイルでファンを増やし、きみとバンドに結集。そんな新しいスタイルを目指している。
また、有名作曲家でミリオンヒットの経験も持つ古城康行氏を音楽プロデューサーに付け、本人達が作詞も手掛けており、楽曲は全てが表題曲。と語るように自信を持っている。

ファンとの一体感にも定評があり、バンド名「きみとバンド」の「きみ」もファン一人一人の事を指しており、きみと一緒にバンド界の頂点を目指す。というキャッチフレーズのもと、有名音楽番組や大型フェスに出る事を目標に掲げている。
全SNSの総フォロワー数は50万人を超えている。

・公式ホームページ:http://taimu-co.com/entertainment/band/kimi-to-band.html
・ツイッター:https://twitter.com/with48263996

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!